幼児教育のメリットとデメリット

日本の大学は長らくレジャーランドと言われてきました。

TOPICS

大学教育に求められているグローバル化

幼児教育のメリットとデメリット 日本の大学は長らくレジャーランドと言われてきました。しかし、バブル崩壊後の日本経済の長期にわたる低迷、少子高齢化の進展により、日本の国力も相対的に低下しています。資源に乏しい日本は、技術立国として生きていかなければなりません。そのためには、優秀な人材が必要です。そこで、産業界から高等教育機関である大学に対して優秀な人材を育成するための教育の実施を要請しています。

大学における教育改革は急務となっています。グローバル化の急速な進展に対応するためにも、カリキュラムをグローバル化に対応したものにしなければなりません。授業を英語で実施することももちろんですが、国内から海外に派遣するとともに、留学生の受入れを促進していくことが必要です。単に英語が話せるだけでは不十分であり、英語を駆使して、海外の人と交流し、多様な考え方を交換し合うことで新しい価値観を作成することができます。これを元に、新たな産業やサービスを開発するための契機にすることができます。