幼児教育のメリットとデメリット

近年は多くの子供が高校までは進学します。

TOPICS

教育資金を貯める方法

幼児教育のメリットとデメリット 近年は多くの子供が高校までは進学します。高校の授業料が一部無償化で、公立でしたら、ほとんど費用がかかりません。それに対して、私立ですと費用が公立の3、4倍かかります。そして、さらに専門学校、大学へ進学となると100万円単位の費用がかかります。

子供教育資金を貯めるには短期に貯めることはありません。ですので、まずは、長期的にお金を貯めるプランを考えます。銀行の定期預金で自動的に積み立てられる方法もありますが、利率が低いのがネックになります。定期預金より利率が良いのが学資保険です。この2つの商品は始める時期が早ければ早いほど、月々の負担が軽くなります。

さらに最近では、投資信託を利用した方法もあります。子供向けのNISAを利用してお金を積み立てて投資信託を購入します。しかし、元本保証ではありませんので目減りするリスクもあります。ですので全額を行うのではなく、銀行の積立と併用して行うのがいいでしょう。